費用対効果について

隙間時間をフル活用し、週に約20時間、年間で約1,000時間の学習し、目標の英語力へ。

1年間のパーソナル学習の成果として、どの程度の英語レベルに達することが出来るのか…

1年後のゴールは、生徒の皆様のスタート時点での英語力とそれぞれの目標によって異なりますが、3つのレベルに分けてご紹介させていただきます。

Level 1

スタート時点での英語力が、
中学1年程度の文法、語彙力の場合

中学1年程度の文法、語彙力とは?

I go to the restaurant with her.

が簡単に英語で書ける程度

身につく英語力
専門的な表現が必要な会話でなければ、ストレス無く、スムーズに、言いたい事がゆっくりと、短い文章に分けながら言えるレベルになります。
  •  会話に必要な文法力と語彙力が身につきます。
  •  日本語から考えるのではなく、英語で考えて英語で話せるようになります。

Level 2

スタート時点での英語力が、
中学3年程度の文法、語彙力の場合

中学3年程度の文法、語彙力とは?

I went to the restaurant with her and her sister yesterday.

が簡単に英語で書ける程度

身につく英語力
専門的な表現が必要な会話でなければ、ストレス無く、スムーズに、言いたい事がゆっくりと、文章を繋ぎながら言えるレベルになります。
  •  会話に必要な文法力と語彙力が身につきます。
  •  日本語から考えるのではなく、英語で考えて英語で話せるようになります。
  •  その単語を知らなくても言い換えて表現できるようになります。

Level 3

スタート時点での英語力が、
大学受験程度(TOEIC600以上程度)の文法、語彙力の場合

大学受験程度の文法、語彙力とは?

I have been to the restaurant which is popular among young people with her and her cousin.

が簡単に英語で書ける程度

身につく英語力
下記の動画のプレゼンターのように、専門的な表現が必要な会話でなければ、ストレス無く、スムーズに、言いたい事が、英語らしく言えるレベルになります。


(※こちらの動画と当社のサービスは関連はありません。英語力の目安として使用させていただきます。)

こちらのプレゼンターは、何度もトレーニングして暗記していると思いますが、
話の準備をしていなくても、リラックスして、このような英語を話せるようにはなります。
注目してもらいたいポイントとしては、以下の4つのポイントです。

リズム リズムとは話の緩急を指しておりますが、日本語のように強弱のない一定のリズムではなく、登壇者のように英語らしい話し方で話すことが出来ます。
スピード 準備したスピーチではこれぐらいのスピードで話すことが出来るようになりますが、実際の会話では、8:55分以降のQ&Aセッション時のスピードぐらいを目標とします。
語彙 基本単語4,000語をインプットして、リスニングでもスピーキングでも会話で使っていけるようになります。スクリプトを見れば、使っている単語が難しいものでは無いことが分かります。
文法 文法と構成は、基本的な文型をしっかりとおさえて、正確に相手に伝わる文章を構成出来ます。
また、英語でプレゼンしたり説明したりする際の全体の文章構造も身につきます。

半額返金制度実施中です!
まずはコンサルタントのカウンセリングで、
今のお悩みをご相談ください!